人物伝

比翼連理

 比翼連理と言う四字熟語をご存じでしょうか。白楽天がその長編詩、長恨歌において、玄宗皇帝と楊貴妃の仲睦まじさを描くのに、「天にあっては比翼の鳥、地にあっては連理の枝とならん」と表現したことから、相思相愛の夫婦仲のことです。

 今から80年ほど前に国際結婚した中国人男性とオーストリア女性の夫婦が激動の51xbkfdxwpl
時代変化の中で、お互いに深い愛情を育んで生きた姿を描いた映画「愛に架ける橋」(英語名:
On the Other Side of the Bridge2002年中国製作)を見て感動し、この言葉を思い出しました。かなり脚色されていますが、この作品は実話に基づくもので、故国オーストリアを捨て、当時は文化の果つる地で生きることを選択した女性、Getrude(映画ではFannyという名:1916-2003Wagnerの一生を描いています。

  彼女がウィーンの警察学校に留学中の中国人青年Du Cheng-Rong (杜承榮、当時24)と出会ったのが19301月。(彼女の父は警察学校の教官の1人でした。)若い二人はいつしか惹かれ合い、愛情が芽生えます。ところが193312月、Du帰国。日増しに恋焦がれるGetrudeは、「中国に渡って、彼と結婚したい。」と父に告げますが、許されません。しかし、彼女の決心は固く、18歳になった193412月、計画を実行。Duの財政的支援を得てイタリアから船で上海に渡ったのです。

彼女の両親は遠い国に旅立つ娘を良しとしませんでしたが、彼女は5年後には戻るからと約束して故国を離れたのでした。そして、19352月、風光明媚な浙江省杭州で結婚。Getrudeは中国名のHua Zhi-Ping (華知萍)を得ます。25834_w470_h470

彼らは、Duの故郷、浙江省東陽市上盧鎮湖滄村でも伝統に従った結婚式を挙げ、田舎の農村生活を開始。Getrudeは優しい思いやりのある夫に助けられ、不便ながらも次第に土地の風俗習慣に溶け込んで行きます。Duは、結婚して数年したら、彼女を連れてその両親に会いに行くつもりでした。

しかし、平穏な生活は長く続きません。混乱と災難が次々に到来。国民党と共産党との抗争に加え、1937年の日本軍の侵略により一家は国内を転々。重慶では日本軍による空襲を受け、命拾いをします。そして、1944Duは国民党の支配下だった温州の警察学校長を拝命します。

1945年日本軍の降伏によって第2次世界大戦が終わりますが、国民党軍と共産党軍による内戦が勃発して、Duは故郷に帰還。混乱の中、貧困生活を余儀なくされ、Getrudeは母から貰った腕輪を仕方なく売って長男の学費などに充てたのです。この頃、国民党に協力的だったとしてDuは共産党の反革命分子狩りや大躍進運動(1958-1961)の標的となって迫害されます。また、政治運動や悪天候による大凶作(1960-1962)のため、困窮の度が増します。この間、1950年代初めや1960年代初めには、オーストリア政府やGetrudeの両親が帰国の手筈を整えますが彼女はこれを拒み、夫や家族と一緒の道を選ぶのです。

そして文化大革命(1966-1976)が追い打ちをかけます。裕福な家庭の出身で、国民党の親派、しかも西欧人と結婚していることで、Duは紅衛兵からの厳しい追及、総括を受ける羽目に。余りにもひどい責め苦にDuは自殺を考えますが、Getrude の愛に接して思いとどまるのです。1979年文革が終わり、Duはやっと72歳で名誉回復を遂げます。Gertrude_wagner

ようやく彼ら二人の平穏な生活を取り戻せました。そして、彼女の弟が中国にあるオーストリア大使館に働きかけて彼女へのオーストリア旅券の再発行を求めたのです。

幸福な生活は10年ほど続きましたが、1989Du は癌に冒され、健康が衰えて行きます。翌年4月、最愛の妻が手に入れたばかりのオーストリア旅券を眺めながら83歳で息を引き取ります。

その年の末、Getrudeはウィーン市長Zirkの招きで56年ぶりに帰国。55年間一緒に暮らし、二男三女をもうけた最愛の夫が一緒でなかったのが唯一悔やまれたことでした。

「愛に架ける橋」が中国で封切られたその前日の2003219日、彼女は86歳の生涯を終え、愛する夫の傍らに安らかに眠っています。

甲斐 晶 (エッセイスト)

| | コメント (0)

ルドルフ・ディットリッヒ

  モーツアルトのオペラ「魔笛」は意外にも日本と関係があって、Interview_vol9_04その初演の台本では王子タミーノが「きらびやかな日本の狩衣をまとって」登場するとされています。しかしながら、本格的に日本を舞台にしたオペラと言えば、やはりプッチーニの「蝶々さん」でしょう。

 ただ、日本人の演出家によるものでない限り、我々日本人が見ると登場人物の服装や所作などが噴飯もののことが多いのです。蝶々さんの着物が左前なのは、西洋のドレスの感覚からして止むを得ないとしても、綿入れのどてら風だったりするのは戴けません。その他、畳間に椅子とテーブルが並べられていたり、土足のまま居間に上がり込んだりと、違和感を覚えるシーンが多々あります。

ところで「蝶々さん」には、「君が代」を始め、「宮さん、宮さん」、「お江戸日本橋」など日本のメロディーがあちこちに出てきます。日本に来たことのないプッチーニがどうやって、日本の音楽を知ったのでしょうか。それには当時の大山久子駐伊日本大使夫人が果たした役割が大きいのです。

大山夫人は、プッチーニと再三会って日本の音楽や文化について貴重な情報を提供するとともに、自ら日本の歌を琴で演奏したり、日本から楽譜やレコードを取り寄せたり、自分が所有するレコードをプッチーニに貸したりしました。また、最近Nippongakuhu_image2の研究では、西洋と日本の音楽の橋渡しをしたお雇い外国人、 オーストリア人のルドルフ・ディットリッヒ(Rudolf Dittrich:1869-1919)が出版した日本歌曲の楽譜集が大きな影響を与えたようで、プッチーニは、楽譜集所載の端唄、さくら、お江戸日本橋、地突き歌の4曲を取り 入れています。

我が国の近代化を進めた明治政府は、学生や政府高官を海外に派遣する一方で、多くの外国人専門家を大学教授や政府顧問として我が国に招聘し、欧米の諸制度や科学技術、芸術・文化のRudolfdittrichlores吸収に努めました。こうしたお雇い外国人の中のひとりが上野音楽学校(現在の東京芸術大学)で教鞭を取り、日本における西洋音楽の発展に貢献したディットリッヒなのです。当時、日本に派遣する音楽家の選任の任にあったのがウィーン駐在の日本国公使、戸田伯爵でした。当初、彼が白羽の矢を立てたのは、ワルツ王ヨハン・シュトラウスでしたが、これはいかにも無理で実現しませんでした。その代わりに音楽教授として招聘されたのがブルックナーの薫陶を得ていたディットリッヒでした。

バイオリンとパイプオルガンの演奏に秀でていた彼は、上野音楽学校で教鞭を執って優れた日本の音楽家を育成する一方、鹿鳴館の舞踏会で指揮を務めたりピアノやバイオリンの演奏をしたりしています。このように素晴らしい功績を収めたディットリッヒでしたが、1894年の日清戦争の勃発が日墺関係に影を落とし始めたことから、故国に戻ります。その後も音楽活動を続け、1906年から亡くなる1919年までウィーン音楽大学でパイプオルガンの教授を務めました。

 ところで、彼にはPetronellaという奥さんがいましたが、任期半ばの1891年に亡くなってしまいます。そして、彼に日本の音曲を教えたことが切っ掛けだったのか、三味線師匠の森菊と関係ができ、1893年8月に息子の乙(おっと:独名、Otto)が生まれます。このあたり蝶々夫人のピンカートンを彷彿とさせますが、違うのは、帰国するにあたり「非嫡出子Ottoのため毎年少なくとも銀貨60円を菊に前払いする。ただし、私の求めに対してOttoの引き渡しを拒む場合、この義務は無くなる。」との誓約書を領事館で書いていることです。G2005102508negami

 結局、森乙がオーストリアの父の元に加わることはありませんでしたが、彼は、父の才能を受け継いでプロのバイオリニストとして活躍します。そして、なんとその長男が、歌手ペギー葉山とおしどHirasawa_image1り夫婦として有名だった根上淳でした。

  ディットリッヒの伝記を著してこのことを明らかにした平沢博子女史は、2007年9月に彼の子孫を訪ね(ウィーンに戻った彼は1900年に再婚、息子二人が誕生しています)、ウィーン中央墓地にあるその墓に根上淳の遺灰の一部を収めています。なんとなく心温まるお話しですね。

             甲斐晶(エッセイスト)

| | コメント (0)

三島良績先生の想い出

 1997年の春早々、三島良績先生が急逝され、Img_kanei_2そのご葬儀が上野の寛永寺輪王殿において、ご親族や関係者多数の参列の下、盛大な中にもしめやかに執り行われました。ご交友関係の広さを反映してか、祭壇には数多くの生花が飾り付けられていました。その贈り主の名前の多彩さを見るにつけても、先生がご専門の原子炉燃料や材料ばかりでなく、野球、切手、猫の会など、幅広いご趣味をお持ちであり、何れの面でも第一人者であられたことを伺い知ることができました。

 先生は座談の名手であられ、酒脱な語り口は先生の講義でも同様。東大原子力工学科三大名講義のひとつとして、学生に大いに人気がありました。 私もIAEA在勤中に、会議などでお見えになった三島先生をウィーンの我が家にお招きする機会が何度かありました。夜の更けるにつれ、先生のお話はますます楽しく、本職の核燃料の分野に留まらず、草野球、切手、印刷と広範多岐。いずれも大変蘊蓄に富んでいて、開く者を飽きさせず、ふと気がつくと深夜であることもしばしばでした。

 Img_01311 先生は並外れて几帳面です。これが遺憾なく発揮されたエピソードがフランクフルト空港での置き引き事件。カウンターでの搭乗手続き中、ふと足下に置いた鞄が盗まれてしまったのです。

 この鞄の中には知人に頼んで入手したナチ時代の珍しいオーストリア切手や貴重な日記などが入っていたそうです。切手はまた買えば済むものの、日記の方はその日の天気や出したり受け取ったりした手紙の内容などを克明にメモしたものだそうで(そこまで記録するところが、先生のまめなところです)、諦めるに諦め切れません。

 その日の天気の方はご令息の日記と照合するなどし、その他はご自身の記憶を辿って、ようやく日記を再構築したところ、盗まれていた鞄が出てきたとの朗報。価値ある切手は残念ながら盗られていましたが、泥棒にとって無価値の日記の方は幸いにも鞄に残されていたそうです。早速、書き直した日記と戻ってきたオリジナルとを比べて見たところ、その内容はほとんど違っていなかった由。それ程の記憶力なら日記など付ける必要はないわけで、何とも凄い先生です。

 先生はまた印刷物の蒐集家でもあられました。その昔、原子力発電所の安全審査の現地調査でお供をした新幹線の車中。食べた駅弁の箸袋と外側の包装紙をしっかり集めておられたのが記憶に残っております。お話によれば、旅の記念に切符や入場券などはもとより、機内食に出るチーズやジャムのラベルも蒐集されておられたとか。Pen これに、愛用のオリンパス・ペンで撮った、おびただしい数の旅の写真が加わります。その整理だけでも大変だと思うのですが、これまたまめになさり、我々のごとき者までにも、スナップ写真やお書きになった随筆の写しなどを、時機を失せずに送って下さり、恐縮することもしばしばでした。

 こうした資料の保管のために、ご自宅には荷重計算はもとより、耐震設計、浸水対策を施した本格的な書庫を設けておられたほどです。Yasudakodoそして、卒業25周年の教え子の集まりなどに呼ばれると、大学紛争の当時に配られた「卒業式粉砕!」の全共闘のアジビラなどを書庫から持ち出して披露。集まりの場の雰囲気を盛り上げておられました。

 ご専門の金属学の分野で、さすがと思わされたのは、三島家代々のお墓の納骨室の扉の件です。先生がまだ現役時代のこと。御尊父だったでしょうか、どなたかがお亡くなりになって、いざ納骨という段になり、久しぶりに納骨室の扉を開けてみたところ、すっかり腐り果てていたとか。Ingotこれでは「紺屋の白袴」で金属屋の名折れだとばかり、当時はまだ珍しく、高価で生産量も少なかったチタンに着目され、納骨室への扉とその支持枠を総てチタン製にされたそうです。

 「これでもう納骨室の扉は未来永劫もの。納骨室にはまだ余裕があるが、次にそこに入るのは、年から言って自分かな。」などと当時冗談を仰っておられた先生でした。今や、ご自分の設計された、朽ちることのない納骨堂の扉にしっかり守られて、安らかに眠っておられることでしょう。

             甲斐 晶(エッセイスト)

| | コメント (0)

ミチコ・タナカ

 前回(ユリウス・マインル)、有名な「コーヒー王」ユリウス・マインルⅡ世の夫人が日本人声楽家の田中路子女史だったこと、133242_2 そして今でも、ユリウス・マインルのグラーベン店2階にある紅茶のコーナーで、彼女の名前を冠した「Michiko」というシリーズが売られていることを紹介しました。

 私が彼女のことを知ったのは、2度目のウィーン勤務で赴任して早々の1988年5月18日、彼女の逝去の報に接した時のことです。Michiko002 今回、彼女のことをもっと深く調べたくて、今は絶版になってしまった「ミチコ・タナカ 男たちへの賛歌」(角田房子著、新潮社)をAmazonで入手し、読んで見ました。

著者の角田房子が文藝春秋の勧めによって取材のため1960年にベルリンの路子を訪ねます。両者は年齢も近く、戦前に子女を海外に遊学させることが可能な家で育ったという似通った境遇にあったからなのでしょう、すぐに「ミチ」、「フサコ」と呼び合う間柄となります。以来20年以上に渡って交友を重ねた中からこの本が書かれましたが、路子が晩年を過ごした高級老人ホームで会った1981年の記述でこの本は終わっています。

路子は1909年、日本画家田中頼の娘として神田に生まれ、裕福に育ちます。小学校の同級生には中村勘三郎(17代目)がいたそうです。女学校時代から「恋多き女」の片鱗を見せていましたが、声楽を学ぶために入った東京音楽学校の本科1年の時に、当時ドイツから帰国したばかりだった新交響楽団(現在のN響)のチェリスト齋藤秀雄と深い仲になります。彼にはドイツ人の妻があり、道ならぬ恋に驚いた両親は路子をウィーン留学、いわば体のいい「国外追放」としたのです。

C_unt_julius2 当初ウィーンではハープの勉強をするよう新響指揮者近衛秀麿から勧められていたのですが、現地でプリマドンナ、マリア・イェリッツァの「サロメ」を聴いて、歌の道を歩む決心をし、ウィーン国立音楽学校声楽科に入学。後見人役の駐墺公使にかわいがられ、ウィーンの社交界にも出入りするようになるのですが、そこでユリウス・マインルⅡ世と運命的な出会いをし、求婚されます。彼は妻を亡くした身でしたが、路子とは親子ほども年が離れていました。

実は、当時、路子は社交界で自由奔放に振る舞っていてウィーン日本人社会における彼女の評判は芳しくなく、公使館によって「本国送還」命令が下される寸前になっていたのです。いわば、渡りに船で彼女は彼の庇護の元へ。マインルの手筈で彼女はオーストリア国籍と旅券を手に入れ、彼と結婚。この時彼は57歳、彼女は21歳でした。Michikode003

マインルは実業家だっただけではなく、教養ある文化人で、芸術にも大変造詣の深い人物でした。彼女は、彼のもとで文学者や芸術家との交流、声楽の修行を続け、オペラや映画界へのデビューを果たします。しかし、恋多き妻は夫公認で多くの男性との恋の遍歴を重ね、劇作家カール・ツックマイヤー、国際的映画俳優早川雪舟、そしてドイツ演劇界の大スター、ヴィクトール・デ・コーヴァと激しい恋に陥ります。そして、マインルの立ち会いの下、デ・コーヴァと再婚するのです。

社交的で世話好きな2人の性格から、ベルリンのデ・コーヴァ邸は第二次世界大戦の戦中・戦後の混乱期を通じて「私設日本領事館」といわれる存在になり、路子の世話になった日本人は数多いのです。政治家、財界人、学者、芸能人、音楽関係者と実に多彩で、特に音楽留学生に対する面倒見の良さは格別だったようです。そんな一人に、路子の最初の恋人、齋藤秀雄に指揮者としての薫陶を受けた小澤征爾がいます。Ozawaphoto9q Book_ozawa

小澤が指揮者の世界コンクールで次々に優勝した当時の自叙伝「ボクの音楽武者修行」(音楽之友社)には、路子の世話になったことが何と8回も出て来ます。事実、彼女の引きもあって、巨匠カラヤンの弟子入りを果たしたりしています。

路子は好き嫌いの気性が激しく、好きになった人物にはとことん入れ込みますが、一旦、気に入らなくなると徹底的に敬遠したようです。そんなエピソードに小澤の「燕尾服事件」があるのですが、残念ながら紙数が尽きました。原本でどうぞ。

甲斐 晶(エッセイスト)

| | コメント (0)