« 三島良績先生の想い出 | トップページ | シューベルト生誕200周年 »

ネットオークション

皆さんは、ハイダ・ベッド(hide-a-bed)をご存じですか。15814_2普段はソファーとして使用しますが、急な泊まり客があった時には、ベッドに早変わりします。 日本のはソファーベッド(写真:右上)と呼ばれているもので、ソファーの背もたれ部分が倒れてベッドに変わるタイプです。 これに対してハイダ・ベッドは、Qturkuazソファーの腰掛け部分の下にベッドが折り畳んで収納されていて、これを引き出すとダブルベッドとして使用できるのです(操作:右下連続写真参照)。日本では余りポピュラーではありませんが、欧米ではこのタイプがごく普通です。

ハイダ・ベッドの存在を知ったのは、アメリカに留学した時のことです。家族用学生住宅に住んだのですが、居間に備え付けの家具としてハイダ・ベッドがあり、思いがけない泊まり客の時に大変便利でした。 ウィーンに居た時も、転勤する外交官が日本人会会報に出した広告を目敏く見つけて購入。 専用の客室がなかったものですから、気の置けない泊まり客の場合には、居間のハイダ・ベッドが大いに活躍しました。

ところで、嫁いだ娘が昨年夏に実家の我が家で出産することになりましたが、手狭な我が家では余分の寝室がありません。ハイダ・ベッドがあったらなあということになりました。

インターネットで情報を得ようと、「ハイダ・ベッド」で検索しても該当無し。「ソファーベッド」に変えると何と140万件もが該当。 仕方がありません、頭から、虱潰しにクリックして行きます。でも出てくるのは、いずれも背もたれが倒れるタイプ。根気よくクリックしているうちに、何頁目かでようやくハイダ・ベッドに遭遇、ヤフー・オークションに出品されている物で、確かにこちらが求めているものでした。

入札開始価格は3000円。残り時間は1日余り。出品者への問い合わせと回答の記録はありますが、まだ誰も入札していないようです。Auction

ヤフー・オークションに参加するには、まず登録が必要です。手続きを済ませ、3500円で入札。こちらは、初心者なのでシステムが良く分かりません。3500円としたはずなのに、入札価格の表示は3000円のまま。後で判ったのですが、この時入力していたのは「最高価格」で、そこまでは、入札価格を上げる用意があるという、株式市場で言う「指し値」だったのです。このことが、土壇場まで分からず、後で述べるように無駄な緊張をする羽目になりました。

その後も入札者が現れず、しめしめとほくそ笑んでいた矢先、何と締め切り5分前になって対抗者が出現。3500円を越える価格で入札してきます。では5000円ならと応じると、間髪を入れずにオークション管理者から相手が5500円にしたのでこれを上回る価格で入札するように促されます。5600円にすると、すぐ相手は5700円といった具合。競争者を上回る数値を入れると即座にこちらを上回る数値が表示されます。どうも、当方が先方の指し値(最高価格)以下で応札して来る限り、当方の価格を上回る入札を自動的にやるシステムになっているようです。こうなると、先方の指し値が幾らか推定しつつ、姿の見えない敵を相手に応札。この間、残り時間は延長に次ぐ延長。早く確定しないかと、はらはらどきどき、心臓に良くありません。

ベッドのリース料金などをネットでチェックしつつ、家内と相談しながらの入札。相手もなかなか諦めません。神経戦です。結局、当初価格の10倍以上の値でこちらに落札。最後の5分間の実に長かったこと。どうも出品者が入札していたのではと勘ぐりたくなる始末です。振り込め詐欺防止のため、代金引換で配送を依頼。ちゃんと美麗な品物が届きました。Users06img600x4501198893728p1240324

次に、落札したのはVORNADO社の足温器。それまで10年ほど使用していたもののスイッチが壊れてしまいましたが、メーカーでは生産中止で修理不能。ヤフー・オークションで見ると1000円での出品がありました。今度は競争者もなくこの価格で入札に成功。どうも、これからネットオークションに嵌りそうな気配です。

甲斐 晶(エッセイスト)

|

« 三島良績先生の想い出 | トップページ | シューベルト生誕200周年 »

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三島良績先生の想い出 | トップページ | シューベルト生誕200周年 »